企業向けサービス

リサイクル

「彩の国資源循環工場」に有る当社寄居工場は、一般廃棄物・産業廃棄物より由来する廃プラスチック類を中心とした廃棄物のリサイクル施設でマテリアルリサイクルとサーマルリサイクル原料としてRPF(固形燃料)の製造を行っています。また、保管積み替えの施設としても利用されております。

株式会社 環境サービス 寄居工場
株式会社 環境サービス 寄居工場

サービス内容

廃プラスチック類

廃プラスチック処理施設(処理量 50t/日)

粗破砕、手選別、機械選別等により、選別された廃プラスチックを、その品質に応じて。良質で組成の明確な廃プラスチックについては、再破砕しマテリアルリサイクル用(再生品原料)として生産。
その他の廃プラスチックは、紙くず・木くずと混合・破砕・減容しサーマルリサイクル用(RPF=固形燃料)として生産、大手製紙メーカー等の代替燃料として使われます。

【廃プラスチック処理施設フロー図】(クリックすると拡大図を表示します)
図:廃プラスチック処理施設フロー図(クリックすると拡大図を表示します)

寄居工場について

当該施設の特徴

受入品目(予定)

産業廃棄物
廃プラスチック(塩化ビニール及び食品・薬品等の残渣が付着を除く)・紙くず・ 木くず・繊維くず。
一般廃棄物
紙・ペット・粗大(木製・プラスチック製・金属製)・資源プラ(塩化ビニールを除く)・廃棄植物(剪定枝・雑草等)

RPF保管の安全性について

RPF保管の安全性について、ごみ固形化燃料の保管については安全性を高める為、人が目視で管理できるシステムを採用しております。

  三重その他RDF製造施設 当社RDF製造施設
性状 生ゴミを含むゴミ全般(有機物が水分を含み醗酵) プラ・紙・木・繊維、原料限定(醗酵の可能性、非常に低い)
保管方法 600~700tと大量・サイロ保管(熱が逃げにくい) 平積み、定期・人的移動(熱が逃げる、目視が可能)
保管期間 サイロ保管はデットスペースができ長期滞留するものがある 保管室の容積と製造量から 最大3.5日間まで
換気 閉鎖された空間、可燃ガス滞留 絶えず換気、脱臭装置通過し排気、RDFの移動時開閉
消火設備   RDF保管庫に自動消火装置を設置(プリンクラー)
製産過程   生産されたRDFを、すぐに水で一度冷却することで発火防止をいたします。(水槽通過)

ページの先頭へ